チェア

柳チェア
柳チェア

¥ 259,200

【メーカー】飛騨産業
【サイズ】W540×D500×H680(SH395/AH635)
【材種】ナラ
【塗色】OF色(オイル仕上げ)MB2色有り
【その他】
飛騨産業の曲木技術により肘木を一本曲木で作られています。

柳 宗理(1915-2011)
【1915年】
民芸運動の創始者である父柳宗悦、声楽家の母兼子の長男として東京に生まれる
【1940年】
東京美術学校(現東京芸大)洋画家卒業
【1941年】
商工省が招聘したシャルロット・ペリアンの助手として日本全国を廻り、工芸視察・指導を行う機会を得る
【1946年頃】
工業デザインの研究に着手
【1953年】
財団法人柳工業デザイン研究会設立
【1977年】
日本民藝館館長に就任
【2002年】
文化功労者として顕彰を受ける
【2011年】
96歳で没

※こちらの商品は受注商品となりますので、お届けまでに約45日必要となります。

BKFチェア
BKFチェア

¥ 149,040

SOLD OUT

“バタフライチェア”の愛称でも知られる
「BKFチェア」は3人のアルゼンチン人デザイナー

 アントニオ・ボネット
 フアン・クルチャン
 ホルヘ・フェラーリ=ハードイ

によってデザインされ、それぞれの頭文字をとってBKFチェアと名づけられました。

彼らは20世紀を代表する建築家のル・コルビュジエの下で働いた経験を持ちますが、この椅子からはその影響はあまり感じられません。それよりも、イギリスのエンジニアのヨゼフ・フェンビィが1855年にデザインした椅子にインスピレーションを得て1938年に誕生しました。

1950年代から60年代にかけて特に若者たちに支持され、その人気はイームズ夫妻にも勝るとも劣らないものでした。

この椅子は何年にもわたって数多くの芸術家に愛されてきました。“ハードイチェア”“バタフライチェア”とも呼ばれていたBKFチェアは1941年、エドガー・カウフマン・ジュニアの選定によりニューヨーク近代美術館におさめられました。

【メーカー】
RoyalFurnitureCollection(Cuero)
【サイズ】
W850×D850×H900
【フレーム】
φ12mmソリッドスチール(ブラック)
【張布】
ベジタブルタンニンなめしの厚革(ブラック)

※こちらの商品は受注商品となりますので、お届けまでに約10日必要となります。欠品の場合はそれ以上となりますのでご了承くださいませ。